Tuesday, August 23, 2016

自分のET3

やっと自分のベスパを治せる事に。
一年間外に雨ざらしで放置していたので
さすがにやべぇんじゃないかと。
 
ボディはカッサカサになってる部分もあるし、
ゴミと蜘蛛の巣とムカデとダンゴムシだらけでどうもすみませんでした。
ウェザリング加工とかぶっちゃけ生ぬるい。
 
ワイヤーは全て固まっていてびくともせず。
もともとワイヤー類を交換予定だったので別に良いんだけども。

ギアチェンジのワイヤー二本をアウターごと交換。
スロットルケーブルもアウターごと交換。
 
エンジン側のケーブルのタイコ止めってベスパ超メンドクサイね。
寝っ転がらないと出来ない。イライラする。
 ランブレッタのほうがやりやすくて好き。 

 
ウィンカーも中に水が入って腐ってしまっていたいので
アッシーで交換。
 
 
 
で、キック一発で目覚めて普通に走りました。
 
(終)


 

Monday, August 22, 2016

Terryの6T

オイルシールホルダーをクランクケース側に付けて準備完了

ついにプライマリードライブをベルト化!
完全に摩耗しきってガッタガタのボッコボコだった
クラッチ回りは全てユニット用に交換。
 


カバーをして終了。今度の課題は、
現状はカバーをちょっとだけ浮かせて風が通るように取り付けてますが、
プライマリーカバーのベンチレーションを真剣に考える事ですかね。

新たにリカバリーしたルーカスK2FCマグニートを取り付け点火タイミングをセット。
取り付けセッティングに苦労し、熱対策も施した新品アマル276も再度取り付け。

そして、見違えるように調子よくなりました。
あんなに苦労していた始動がキック一発、
低いアイドリングは永遠に続きそうなくらい調子良い。

テリーと二人で、「コレですよ、コレ!」とハイタッチを決めて
6Tの整備は終了したわけです。

まだ課題は沢山ある6Tですが、
結果がビシっと出るといつになっても気持ち良いもんです。



そして僕の長い夏は終わりました。

 (終)

Tuesday, August 9, 2016

Terryの6T

 テリーの6Tの続き。
ベルトドライブ化にともなって、各部ちょっとだけ整備。

しかしきったないギアボックスだねぇ。

遠い昔にギアボックスを一回割っていて、
中古のギアボックスアッシーを手に入れて整備も何もせずに
そのままポン付けしたテリー。一応問題ないので特にばらさないけど、
また割れているかもと思い確認の為取り外すことに。

 
汚れ落としたんだけど、ギアボックス結構程度良い!
クラックも無いし、マウントボルトのボスも穴も全て良い。奇跡!
中身は知らんけどもね、うん。

クソ熱い中、結構寸法に気を使う加工を・・・・。


オイルシールハウジング作っときました。
これをくっつけて今日は終わり。

GP150-77 final





Sunday, July 17, 2016

GP150-76



Wednesday, July 13, 2016

GP150-75